Connect
To Top

All posts tagged "lang-JP"

  • 伝説のNBAセンター29選

    バスケットリーグ最高峰であるNBA。そこで活躍するセンター選手たちは、数多くのアスリートの中でも、非常に身体的に優れたアスリートであると言えます。とにかく大きい!身長が2mを超えるのは当たり前の巨人たちです。しかし、近年バスケットボール界では、チームの中核を担うセンターが存在することが少なくなってきました。スリーポイントシューターやパワーフォワードが台頭してきたからです。その昔、NBAリーグ黎明期にはセンターがゲームを支配していました。今回、NBAの歴史の中でも代表的なセンターについて、ご紹介します。選手のキャリア実績、スタッツ、ハイレベルな測定基準、功績に基づいて29人の選手を選りすぐりました。(情報は、Basketball-Reference.comを参照させていただきました。)  ニール・ジョンストン(プレー期間:1951年-1959年) 彼の身長は203㎝ありますが、今回挙げるリストの中では最も背の低いセンターの一人です。しかし、彼が活躍した当時は十分な高さで、制空権をガッチリ支配していました。彼がリーグにいたのはたった8シーズンでしたが、その間にオールスターに6回選出され、NBA得点王に3回輝き、殿堂入りしました。ずっとフィラデルフィア・ウォリアーズ(現ゴールデンステート・ウォリアーズ)の選手としてプレーしていました。1956年には優勝に貢献します。彼の1試合の平均得点は19.4、1試合平均リバウンド数は11.3を記録しました。

    TrendingHeather JacksonNovember 3, 2022
  • 世界の有名野球選手の紹介

    マイク・トラウト(Mike Trout)(2011~) ロサンゼルス・エンゼルスに所属するマイク・トラウトは、彼のキャリアが半分終わったばかりだが、史上最高のMLBプレーヤーの1人になるのに十分な成績を残している。彼が同世代の最高のプレーヤーとして名を馳せることに疑いの余地はないだろう。 最初の11シーズン、トラウトは毎年オールスターだったが、彼のルーキーシーズンはすでに3つのMVPと8つのシルバースラッガーを獲得している。打率は.300以上で、500本以上の本塁打と3,000安打を達成しようと順調に進んでいる。数年後にはもう少し順位が上がるだろうが、トラウトはすでに史上最高の選手の一人。これほど華麗に大リーグのシーンに飛び込んだ選手はほとんどいない。9 年連続でMVP投票のトップ 5 に入っている強者だ。トラウトは昨年、怪我のために36試合しか試合には出場しませんでしたが、 それでも、毎年MVP候補となっている一貫した卓越性は、まさしくスーパープレイヤーの証と言える。

    TrendingDelia LeyvensNovember 3, 2022
  • 伝説のNBAセンター29選

    バスケットリーグ最高峰であるNBA。そこで活躍するセンター選手たちは、数多くのアスリートの中でも、非常に身体的に優れたアスリートであると言えます。とにかく大きい!身長が2mを超えるのは当たり前の巨人たちです。しかし、近年バスケットボール界では、チームの中核を担うセンターが存在することが少なくなってきました。スリーポイントシューターやパワーフォワードが台頭してきたからです。その昔、NBAリーグ黎明期にはセンターがゲームを支配していました。今回、NBAの歴史の中でも代表的なセンターについて、ご紹介します。選手のキャリア実績、スタッツ、ハイレベルな測定基準、功績に基づいて29人の選手を選りすぐりました。(情報は、Basketball-Reference.comを参照させていただきました。)  ニール・ジョンストン(プレー期間:1951年-1959年) 彼の身長は203㎝ありますが、今回挙げるリストの中では最も背の低いセンターの一人です。しかし、彼が活躍した当時は十分な高さで、制空権をガッチリ支配していました。彼がリーグにいたのはたった8シーズンでしたが、その間にオールスターに6回選出され、NBA得点王に3回輝き、殿堂入りしました。ずっとフィラデルフィア・ウォリアーズ(現ゴールデンステート・ウォリアーズ)の選手としてプレーしていました。1956年には優勝に貢献します。彼の1試合の平均得点は19.4、1試合平均リバウンド数は11.3を記録しました。

    TrendingHeather JacksonNovember 3, 2022
  • 世界の有名野球選手の紹介

    Mike Trout (2011~) Los Angeles Angels forward Mike Trout is only halfway through his career, but he’s done enough to become...

    TrendingDelia LeyvensNovember 3, 2022
  • 世界の有名野球選手の紹介

      ランディ・ジョンソン(Randy Johnson)(1988~2009) 「ビッグ ユニット」の愛称を持つランディ・ジョンソン。メジャーでプレーした中で最も背の高い選手の 1 人であるだけでなく、史上最高のMLB選手でもある。彼が3桁の速球と破壊的なスライダーをコントロールすることを会得すると、誰も彼を止めることはできないほどだった。ランディ・ジョンソンは9回の三振でリーグ三振王を獲得し、4回連続でのストレッチを含む5 つのサイ・ヤング賞を獲得した。彼の 303 勝のうち、293 勝は 25 歳のシーズンの後でした。おそらく彼のキャリアで最も印象的な部分は、ジョンソンが全盛期の前の 1990 年にノーヒットノーランを記録したことですが、2004 年にはキャリアの後半に完全試合を達成し、彼がMLB界で最も支配的な投手の 1 人であったことを示している。

    TrendingDelia LeyvensSeptember 23, 2022
  • 伝説のNBAセンター29選

    バスケットリーグ最高峰であるNBA。そこで活躍するセンター選手たちは、数多くのアスリートの中でも、非常に身体的に優れたアスリートであると言えます。とにかく大きい!身長が2mを超えるのは当たり前の巨人たちです。しかし、近年バスケットボール界では、チームの中核を担うセンターが存在することが少なくなってきました。スリーポイントシューターやパワーフォワードが台頭してきたからです。その昔、NBAリーグ黎明期にはセンターがゲームを支配していました。今回、NBAの歴史の中でも代表的なセンターについて、ご紹介します。選手のキャリア実績、スタッツ、ハイレベルな測定基準、功績に基づいて29人の選手を選りすぐりました。(情報は、Basketball-Reference.comを参照させていただきました。)  ニール・ジョンストン(プレー期間:1951年-1959年) 彼の身長は203㎝ありますが、今回挙げるリストの中では最も背の低いセンターの一人です。しかし、彼が活躍した当時は十分な高さで、制空権をガッチリ支配していました。彼がリーグにいたのはたった8シーズンでしたが、その間にオールスターに6回選出され、NBA得点王に3回輝き、殿堂入りしました。ずっとフィラデルフィア・ウォリアーズ(現ゴールデンステート・ウォリアーズ)の選手としてプレーしていました。1956年には優勝に貢献します。彼の1試合の平均得点は19.4、1試合平均リバウンド数は11.3を記録しました。

    TrendingHeather JacksonSeptember 23, 2022
  • 世界の有名野球選手の紹介

    マイク・トラウト(Mike Trout)(2011~) ロサンゼルス・エンゼルスに所属するマイク・トラウトは、彼のキャリアが半分終わったばかりだが、史上最高のMLBプレーヤーの1人になるのに十分な成績を残している。彼が同世代の最高のプレーヤーとして名を馳せることに疑いの余地はないだろう。 最初の11シーズン、トラウトは毎年オールスターだったが、彼のルーキーシーズンはすでに3つのMVPと8つのシルバースラッガーを獲得している。打率は.300以上で、500本以上の本塁打と3,000安打を達成しようと順調に進んでいる。数年後にはもう少し順位が上がるだろうが、トラウトはすでに史上最高の選手の一人。これほど華麗に大リーグのシーンに飛び込んだ選手はほとんどいない。9 年連続でMVP投票のトップ 5 に入っている強者だ。トラウトは昨年、怪我のために36試合しか試合には出場しませんでしたが、 それでも、毎年MVP候補となっている一貫した卓越性は、まさしくスーパープレイヤーの証と言える。

    TrendingDelia LeyvensSeptember 23, 2022